この花(ツツジ)、義母が入院中着ていたパジャマの柄に似てる。

                  『顔』  

義父は十数年前に他界した。
義母は数年前に他界した。
夫は、数年前まで、義父にそっくりだった。
法事やらで、親戚が集まる席では、顔を合わせるたび、
「義父そっくり」だと言われていた。
私もそう感じていた。
義父の遺影は、義父ではなく、夫に見えた(いやいや、他界してほしくはないのだけど(^_^;))
義母が他界してからというもの、時期的な偶然かどうかはわからないけど、
居間でうたたねする夫の顔が、義母にそっくりに見えるようになっていた。
義母の魂が宿った?って思うほど。
それからは、幾度となく、夫の寝顔が義母に見えた。
義母の甲高い声が、今にも聞こえてきそうなほど。
私を呼ぶ声。
「〇〇ちゃん!」
お義母さん、まだ覚えてるよ。
あなたの声。

ちなみに、義父と義母、顔は似ていない。
長年連れ添った夫婦の顔は似てくる・・・とはよく聞くけれど、
義父母の2人は似ていないと思う。
私の主観だけど。
ここ最近では、起きてる顔ですら、夫は義母に見えていた。
ねぇ? これって、お義母さんから何かしら私にメッセージなのかな。
たぶん、夫の顔、直視したらきっと義父の顔なはずなのよ。
なんで? なんで義母に見える?
夫、最近「激」がつくくらい太ったからかな?(^^;。

お義母さん。
わかってくれてたのかもしれないね。
あなたの命日が過ぎて、母の日がもうすぐ。
お墓参り行かなくちゃ・・・って思いながら行ってない私の想い。
お彼岸には、おはぎ作って 仏壇にお供えしよう・・・って思いながら、
行っていない私の想い。
だから、母の日には、何かしらお菓子か果物を仏壇にお供えしよう・・・
って思いながら、
行っていない私の想い。

思ってるだけの不言不実行。

夫を大事にしていない・・・って自覚したときは、なぜか夫ではなく
見えないあなたに謝っている私。

ひょっとしたら夫の顔は、
歳を重ねて父似から母似に移行してきているのかもしれないね。

わが子を見てても、最近顔の変化を感じる。
わが子が生まれた瞬間、義母そっくりの顔で泣いた。
あ、、、もちろん、義母が顔をくちゃくちゃにして「おぎゃー!」なんて泣く顔なんて見たことはないのだけど(笑)。
そして乳児期から幼少期、学童期、顔は一貫して夫似。
夫みたく、しゃくれてはいないけど(^_^;)。

息子は最近、二重瞼になる日が時々あって。
その顔は従姉に似てみえて、義兄にも似てみえる。
いつか、息子がすっかりおじさんに、本当におじさんになった時には
私の見る夫みたく
母親の顔に似る日が、そう見える日がやってくるのだろうか。
そのとき私は、そんな息子の顔を、見れているのかな。
職場で トイレで  自分の顔が鏡に映ったとき
なぜかふと
そんなことを思った。

もうすぐ母の日。
ちょっとギフトを見てみたら、
一目惚れならぬ、一味惚れしたお菓子があったから
嬉しくて。
地元の素敵なリゾートホテルのラウンジに置いてあったもの。
けど、そこでは非売品だった。
地元では売ってるお店、まったく見当がつかなかったのだけど、
なんと!!! み~~つけたっ。
なるほど、地元で見つけきれなかったはずだ。

美味しいコーヒーと一緒に、素敵美味しいティータイム・・・
あれ? コーヒータイムだね。
そんな時間も一緒にギフトになるような、そんなお菓子だったんだ。
嬉しい。 コレです!(^^)!

父の日だって、お中元にだって、喜ばれる一品だと思う。
なにせ、一緒に食べた、グルメな私の友人が二人、一度食べただけで
大ファンになったものだから。
 

 







 



コメント

このブログの人気の投稿

春だ。新しい発見、いくつになっても沢山あるね!忘れないよう書き留めよう。

新中3 春期講習(個別塾)が始まった。この際だから、テキストとか費用とか受験塾のミニ知識を書き留めてみた。

悔しいって、初めて聞いた