「藍」先立つものは お金よりも 


子供が、学校からの奨学金制度のパンフレットを貰って帰ってきた。
我が家の家計は余裕がないから、銀行の教育ローンを利用しようと思っていた。
現にいま、塾の費用は銀行の教育ローンで賄っていて、元金は高校卒業まで据え置きなので、千円にも満たない利息で塾に通わせている感じかな。
この塾費用の教育ローン、中2の3学期に申請したから、月謝が中2料金でカウントされてるっぽくて。だから、中3になって月謝が上がったから、1年間持ちそうにないんだよなぁ。
塾費用を教育ローンっていうのも、情けないなぁって思う。
けど、返済始まるころには自動車ローンが終わるから、、、とか、かろうじて計画的なのかな?って自分に言い聞かせてる。





アフィリエイトのアクセストレード/>

奨学金を利用するなら、大学からかな・・とか考えていた。
なるべくなら子供に借金背負わせたくはないからね。
だけど、それ以上に大学卒業だけは最低限させたいのが本音。
子供の学力が十分に満足できる高い学習成績を収めていれば、給付型だって受けれる。
もっとも、給付型は、前記かつ住民税非課税世帯が対象のようだけど。




アフィリエイトのアクセストレード

県育英会と日本学生支援機構、それと給付型奨学金は学力基準がある。
これらの奨学金で無利子をと思うなら、日ごろから自学の習慣が大切になってくるし、定期テストは重要。県育英会では、5段階評定のうち平均が3.0以上必要と書いてある。
日本学生支援機構では、5段階評定のうち平均が3.5以上必要だそうだ。







そして、看護職員、介護福祉士、保育士を目指す人がそれら資格を取得後、一定期間、それぞれの業務に従事した場合、貸与を受けた修学資金の返還が免除される・・・という制度もある。これは、入学準備金、就職準備金という名目で、まとまった貸与も受けることができるようだ。
これらの実業高校が昔より増えたと思うのは私だけだろうか

そして、ふと思う。
大学進学するよりも、これら実業高校が、経済力の心もとない私のような親のもとに生まれた子供と、そしてその親にとっては、最も負担が軽く、職にも就けるのだろうかと。

優秀でありさえすれば、どんな大学だって授業料免除になるんだろうから、
じゃあ、それならば やはり

先立つものは
お金より
学力ってことに
なるのかなぁ。。

そうそう。月間ポピーの5月号は、「定期テスト対策問題集」と「実技5教科の要点」、それと暗記用の「おぼえるモード」が付いてくるそうだ。
「実技5教科の要点」って、実技教科は塾ではやれないもんね。
実技教科をカバーできるのは何とも嬉しい限り。



入試では、実技教科のテストはないけれど、意外と重要な「実技教科」。
最近の入試では、授業料の段階免除選抜の対象になる「特別入試」というものがある。
これは、誰もかれもが受けれるわけではない。これを受けたいなら、「実技教科」の評定もしっかりとっておく必要がある。3年間の評定の基準という数字が学校ごとにある。

たとえば評定が81以上でなければ、特別入試を受けることが出来ない・・・とか。
81とは、1科目平均3.0×9科目✖3年分=81になるから、オール3でギリギリという感じだ。この評定は、81の学校もあれば。85の学校もある。

1、2年生の3学期の評定と、3年生の1学期2学期の評定の、数字が良い方で合計するらしい。



選曲が、本文にそぐわないけど、昨日、今日はこの曲が心に沁みるんよ・・。


コメント

このブログの人気の投稿

春だ。新しい発見、いくつになっても沢山あるね!忘れないよう書き留めよう。

山のおじさん

サプリメント・健康食品・滋養強壮 効き目についての体験